2010年05月27日

<普天間移設>下地氏が渡米 米議会関係者と意見交換へ(毎日新聞)

 国民新党の下地幹郎国対委員長(衆院沖縄1区)は20日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、米議会関係者と意見交換するため成田空港を出発した。米上院歳出委員長のダニエル・イノウエ議員らと会談し、22日に帰国する予定。下地氏は出発に先立ち、19日に首相官邸を訪ね、鳩山由紀夫首相に訪米目的などを説明している。

【関連ニュース】
普天間移設:日米4閣僚共同声明も 政府対処方針に合わせ
普天間移設:徳之島受け入れ7条件「すべてのむ」官房長官
普天間移設:政府案28日発表で調整 辺野古埋め立ても
普天間:対処方針巡り、政府・与党内での綱引きが激化
普天間:政府、沖縄県に鳩山首相の再訪問予定を伝える

彦根で人気 不思議なゲーム「カロム」をPR(産経新聞)
10億所得隠し、建設会社を告発=「馬毛島」所有の社長も―東京国税局(時事通信)
<天気>九州で大雨 24日は近畿や東日本にも(毎日新聞)
酒の安売り、飲み放題の規制強化へ…WHO指針(読売新聞)
殺人放火 住宅全焼 76歳遺体に刺し傷 千葉・八街(毎日新聞)
posted by エジリ ヒサオ at 23:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

<俳句塾>ニューヨークで最終回(毎日新聞)

 【ニューヨーク山科武司】本紙愛読者の広場「まいまいクラブ」の「ケータイ写真俳句」選者で、4月末から米東部で俳句の魅力を伝える「俳句塾」を開いてきた俳人の大高翔さん(32)が8日、シリーズ最後の俳句塾を紀伊国屋書店ニューヨーク支店で催した。

 大高さんは自著「親子で楽しむ こども俳句塾」(明治書院)を用いて俳句作りの手順を説明。親子連れなど参加者は思い思いの季語を織り込んで句作に挑戦。短い言葉からつむぎ出される豊かな情景を楽しんだ。

 米滞在歴約3年で、母親の柴田理恵さん(40)と参加した理見(さとみ)ちゃん(8)は、学校で英語での俳句作りを習ったばかり。「日本語で作るのは難しかった」と言いながら「毎朝のトマトは赤くておいしいよ」と詠んだ。

 大高さんは「今回訪れた6カ所それぞれで俳句の受け止め方や作り方が違い、俳句の奥深さを改めて感じて新鮮でした」と満足そうだった。

<小沢幹事長>「リーダーシップも…」内閣支持率急落の原因(毎日新聞)
大胆な財政出動方針、国民新が公約原案(読売新聞)
8歳児暴行容疑で母逮捕=「食事こぼし、いらついた」−栃木県警(時事通信)
ひとときの“蜜月”演じる 橋下知事と平松市長、笑顔でパレード(産経新聞)
全裸男性「局部」犬が舐め回す 「メンズエッグ」写真記事を謝罪(J-CASTニュース)
posted by エジリ ヒサオ at 11:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。