2010年04月29日

応募者増加率、過去最高=民間採用抑制が影響−国家公務員I種(時事通信)

 人事院は23日、各省庁の幹部候補である国家公務員I種の2010年度採用試験申し込み状況を発表した。応募者数は前年度比21.2%増の2万6888人で、現行のI種試験が始まった1985年度以降、過去最高の増加率になった。人事院は「経済状況の悪化による民間企業の採用抑制が影響した」とみている。 

【関連ニュース】
「部下なし係長」2万6600人=国交省が最多
天下り指定席、調査対象拡大=新規採用大幅削減案も
2割削減の道筋、6月にも=国家公務員の総人件費で
公務員ボーナス、2年連続下げか=来月から民間給与調査
天下りにメス、組織を再構築=「仕分け人」蓮舫参院議員

「子供と遊べる」「仕事へ」 帰国邦人ら安堵の表情(産経新聞)
<直木賞>星川清司さんの最年長受賞者が確定(毎日新聞)
「バターン死の行進」元米兵捕虜ら日本招待へ(読売新聞)
<葬儀>宝生英照さん=能楽師宝生流シテ方 5月11日に(毎日新聞)
貼付剤のアルツハイマー型認知症治療薬を共同開発へ―日東電工と興和(医療介護CBニュース)
posted by エジリ ヒサオ at 18:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。