2010年06月04日

<性犯罪>「前兆行為」への指導・警告1229件 警察庁(毎日新聞)

 警察庁は3日、全国の警察本部に設置している「子ども女性安全対策班」の昨年度の活動状況をまとめた。子どもや女性を対象とした「声かけ」や「つきまとい」に対する指導・警告は1229件、公然わいせつや痴漢行為などでの検挙件数は1095件だった。

 子ども女性安全対策班は昨年春に設置。性犯罪の前兆といえる行為について、行為者の特定や指導・警告、検挙を専門としている。今年4月末時点の体制は1043人。【鮎川耕史】

【関連ニュース】
警察庁:日証協DBに暴力団情報提供 証券取引から排除
警察庁:児童ポルノ根絶を訓示 少年担当課長会議で
警察庁:安藤長官のカンボジア訪問を中止
警察庁長官:「弘道会に打撃を」都道府県警に要請
児童ポルノ:放置のネット関連事業者に共犯適用も 警察庁

「燃えるような激しい痛み」 失明の恐怖に襲われた証人 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)
元連合札幌会長の控訴棄却…小林議員選挙違反事件(読売新聞)
490円の吸水速乾Tシャツ ジーユースポーツから
技あり!柔道初段の女子高生、ナイフ奪い知恵使い強盗御用(スポーツ報知)
「首相ではもう不可能」 普天間問題、谷垣氏言及(産経新聞)
posted by エジリ ヒサオ at 03:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。