2010年02月06日

渋滞の車列に大型バイク追突、男性死亡 大阪中央環状線で(産経新聞)

 30日午前7時半ごろ、摂津市新在家の府道大阪中央環状線で、渋滞の最後尾でとまっていたトラックに後ろからきた大型バイクが追突。バイクを運転していた兵庫県宝塚市山本丸橋の会社員、内山悠さん(31)が腹などを強く打ってまもなく死亡した。

 摂津署によると、現場は片側3車線の直線道路。トラックの男性運転手(42)は「追い越し車線で停車してすぐに追突された」と話しているという。

【関連記事】
高速の事故5年ぶりに増 栃木県警まとめ、料金割引で通行増える
酒気帯び運転で信号待ちの車に追突 消防士停職
東北道でトラック追突事故 運転手が死亡
風雪激しく…東北道で27台多重事故 福島
幼稚園送迎バスが追突、園児ら13人軽傷 茨城・常総

<企業献金>与野党に温度差 規正法改正が焦点に(毎日新聞)
失業率改善に「楽観できず」=10年度予算案の早期成立を−首相(時事通信)
自民、小沢氏喚問も視野=首相発言の「軽さ」も追及(時事通信)
「冷静に見守ることが大事」 与党内の小沢氏「けじめ」論に鳩山首相(産経新聞)
<放送法改正案>免許付与、現行を維持 設備と制作一体で(毎日新聞)
posted by エジリ ヒサオ at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツーコインで糖尿病検査の新サービスを開始−ケアプロ(医療介護CBニュース)

 500円ワンコインで健診サービスを提供するケアプロ(東京都中野区)が2月から、糖尿病検査として「HbA1c検査」をツーコイン1000円で開始した。同社では、「糖尿病の確定診断にも用いられているHbA1cの検査値を手軽にチェックできることで、糖尿病の早期発見に役立つのではないか」としている。

 過去1-2か月の血糖の平均的な状態を反映するHbA1cの値を調べることで、糖尿病のコントロールの状態を把握する。同社では糖尿病検査として「血糖値検査」を500円で実施しているが、今回、血糖値は直前の食事に影響されるといった理由からHbA1c検査の導入を求める利用者の声を実現した。

 指先からの自己採血で微量の血液を採取し、検査結果は約7分で分かる。携帯電話やパソコンでも閲覧できるため、結果が出るまでの間、その場で待つ必要がないという。

 検査のスケジュールは、同社のホームページで確認できる。健康保険証は不要。同社によると、医療機関でHbA1c検査を受ける場合の費用は4640円で、健康保険の適応で自己負担が3割の場合の1392円よりも安くなる。


【関連記事】
パチンコ店で「出張メタボ検査」
ワンコインでメンタル相談、8月から開始
NP制度化の布石へ、「ワンコイン健診」の挑戦
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満
「飲酒に関する指導」半数が守れず―糖尿病のビジネスパーソン

<消防用ホース>41万本を自主回収 芦森工業(毎日新聞)
民家の玄関先、へその緒ついた乳児置き去り(読売新聞)
<鳩山首相>施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず(毎日新聞)
「少女エステ」従業員ら逮捕=児童福祉法違反容疑−神奈川県警(時事通信)
「きぼうを使い尽くせる」=宇宙基地運用延長に日本側−月探査断念「影響少ない」(時事通信)
posted by エジリ ヒサオ at 04:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。