2010年01月25日

砂川市有地を神社敷地に提供、最高裁が違憲判断(読売新聞)

 北海道砂川市が市有地を神社の敷地として無償で提供した行為が、政教分離原則を定めた憲法に違反するかどうかが争われた2件の訴訟の上告審判決が20日、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)であった。

 大法廷はこのうち1件の訴訟で、違憲判断をした上で、審理を2審・札幌高裁に差し戻した。政教分離訴訟で最高裁が違憲判断を示したのは、1997年4月の愛媛玉ぐし料訴訟判決に次いで2件目。

 違憲判断が示されたのは、同市空知太西五条にある「空知太神社」の敷地を巡る訴訟。1審・札幌地裁、2審・同高裁判決によると、空知太神社の建物は町内会館と一体化しており、鳥居などとともに市有地上にある。原告は敷地の無償提供が違法であることの確認を求め、1、2審はいずれも「明らかに宗教施設で、特定の宗教を援助している」と違憲判断を示して請求を認めたため、市側が上告していた。

 一方、同市が、市有地だった神社敷地を地元町内会に無償譲渡したことの違憲性が争われた「富平神社」を巡る訴訟では、大法廷は合憲とした1、2審判決を支持する判断を示した。

名護市長選、投票終わる=普天間移設に影響(時事通信)
ハイチ大地震 「72時間」経過後も奇跡の生還相次ぐ(産経新聞)
前田日明氏「大仁田になれ」にムッ(スポーツ報知)
【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)
160区間の割引切符を廃止=「東京−青森」回数券など−JR東(時事通信)
posted by エジリ ヒサオ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<新任判事補>99人に辞令交付(毎日新聞)

 法科大学院を修了した新司法試験合格者から3回目の採用となる判事補99人に18日、辞令が交付された。竹崎博允(ひろのぶ)最高裁長官は「目先にとらわれず、常にどういう裁判官になるのか考えながら、自分自身を高めていってもらいたい」と激励した。09年9月に辞令を受けた旧試験合格者組7人と合わせ、09年度は106人が裁判官に採用された。

【関連ニュース】
文学・評論 『今日を生きる』=大平光代・著

小沢氏続投「世論は持つのか」…民主執行部苦悩(読売新聞)
国技館あるから「よこづな」?いいえ「よこあみ」(読売新聞)
刑事補償請求、来月4日に決定=横浜事件の免訴判決で−地裁(時事通信)
政治家、秘書と「同罪」ではない=鳩山首相(時事通信)
JR脱線事故 遺族ら検審へ意見書提出決定(産経新聞)
posted by エジリ ヒサオ at 13:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。